読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

粋な大人の言葉遊び。

会話をテンポ良く、楽しく大人の言葉遊びのためのブログです。

道歌

思うこと 一つ叶えばまた二つ 三つ四つ五つ 六(む)つかし(難し)の世や

広告を非表示にする

実践躬行

じっせんきゅうこう

 

口先だけでなく、自ら進んで実行すること

広告を非表示にする

手筒花火

てづつはなび

 

今のような観賞用花火が発達したのは江戸時代。

 

日本で初めて花火を見たのは徳川家康と言われている。

 

打ち上げ式ではなく、手筒花火

 

火薬を詰めな大きな筒を小脇に抱え、そこから吹き上げる火の粉を鑑賞。

危険だがその勇気を惚れた女性に示すために男たちは手筒花火をあげた。

 

f:id:brainnutrition:20160819145918j:image

 

f:id:brainnutrition:20160819145933j:image

広告を非表示にする

天泣

てんきゅう

 

雲がないのに降る雨のこと

 

遠くに流れていった雲から雨が蒸発しながら降る現象も含まれる

 

狐の嫁入り

 

f:id:brainnutrition:20160808112043j:image

広告を非表示にする

忘れ水

わすれみず

野中や木陰を流れる、誰にも気づかれないような水の流れのこと。

 

和歌の世界では、今にも途切れそうな恋のたとえによく使われる。

 

 f:id:brainnutrition:20160805153224j:image

広告を非表示にする