手筒花火

てづつはなび

 

今のような観賞用花火が発達したのは江戸時代。

 

日本で初めて花火を見たのは徳川家康と言われている。

 

打ち上げ式ではなく、手筒花火

 

火薬を詰めな大きな筒を小脇に抱え、そこから吹き上げる火の粉を鑑賞。

危険だがその勇気を惚れた女性に示すために男たちは手筒花火をあげた。

 

f:id:brainnutrition:20160819145918j:image

 

f:id:brainnutrition:20160819145933j:image

広告を非表示にする